• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
TibitMicroPlug

『 TibitMicroPlug 』 内のFAQ

11件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • PONの波長帯域

    【TXM-MPOLT-01CAS】 XGS-PON、10G-EPONともに以下の波長を使用します。 Upstream :1260~1280nm Downstream:1575~1580nm 詳細表示

    • No:25189
    • 公開日時:2023/10/02 00:00
  • Tibit OLTとスイッチのリンクアップ状態について

    光ファイバーやONUが接続されていなくても、スイッチとTibit OLT間では常時管理通信を行う必要があるため、スイッチとOLT間は常にリンクアップしています。 詳細表示

    • No:25192
    • 公開日時:2023/10/02 00:00
  • MCMSで他社OLT/ONUを管理できるか

    MCMSはTOMIという独自規格でOLTを管理しているため、他社OLTは管理できません。 ONUは下記の規格に対応していれば管理できます。 10G-EPON:IEEE1904.1(SIEPON Package A), DPOE(OAM) XGS-PON:ITU-T G.988(OMCI) ... 詳細表示

    • No:27705
    • 公開日時:2024/03/27 00:00
  • 光の最大許容損失

    【TXM-MPOLT-01CAS】 最大許容損失は32[dB]です。 詳細表示

    • No:25191
    • 公開日時:2023/10/02 00:00
  • 1OLTあたりのONUの台数

    【TXM-MPOLT-01CAS】 ONUを128台まで接続することができます。 詳細表示

    • No:25190
    • 公開日時:2023/10/02 00:00
  • PONの伝送距離

    光ファイバーの伝送損失、光スプリッターの挿入損失によって異なります。 ただし上限は、10G-EPONでは20km、XGS-PONでは40kmです。 【TXM-MPOLT-01CAS】 XGS-PONでは0km~20km、10km~30km、20km~40kmのように幅20km単位で接続可能範... 詳細表示

    • No:25187
    • 公開日時:2023/10/02 00:00
  • Tibit OLTと他社ONUは接続できるか

    Tibit OLTは下記の規格に対応しています。 10G-EPON:IEEE802.3av, IEEE1904.1(SIEPON Package A), DPOE(OAM) XGS-PON:ITU-T G.9807.1, ITU-T G.988(OMCI) 同一の規格に対応したONUであれば... 詳細表示

    • No:27704
    • 公開日時:2024/03/27 00:00
  • Tibit OLTの反射減衰量の許容値

    【TXM-MPOLT-01CAS】 反射減衰量の許容値は-15dBです。 詳細表示

    • No:26537
    • 公開日時:2023/12/20 00:00
  • OLTのSNMP対応

    【TXM-MPOLT-01CAS】 MCMSで一括管理する仕様となっているため、Tibit OLTはSNMPに対応しておりません。 詳細表示

    • No:26536
    • 公開日時:2023/12/20 00:00
  • OLTの光ファイバーの研磨方式

    【TXM-MPOLT-01CAS】 UPC研磨 詳細表示

    • No:26535
    • 公開日時:2023/12/20 00:00

11件中 1 - 10 件を表示