• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
光伝送装置・PON

『 光伝送装置・PON 』 内のFAQ

60件中 11 - 20 件を表示

2 / 6ページ
  • EFM-OAMによるインバンド管理機能について

    インバンド管理機能はEFM-OAM(IEEE 802.3ahの管理方式)で実装しており、下記の機種では従来のIFS (Inter-Frame Signaling)と同等の機能を実現しております。 詳しくはコマンドリファレンスに記載がございますので、ご確認ください。 下記のサイトよりマニュアル類のダウンロードが... 詳細表示

  • コマンドによる光入力/出力レベル確認について

    はい、ロングホール(LH)ポートには概ねレベルモニタリング機能が実装されています。 クライアント(USER)ポートに関しても一部機器では実装されています。 但し、誤差が含まれていますのでパワーメータでの実測もあわせて実施することをお勧めします。 詳細表示

  • Tibit OLTとスイッチのリンクアップ状態について

    光ファイバーやONUが接続されていなくても、スイッチとTibit OLT間では常時管理通信を行う必要があるため、スイッチとOLT間は常にリンクアップしています。 詳細表示

    • No:25192
    • 公開日時:2023/10/02 00:00
    • カテゴリー: TibitMicroPlug
  • PONの光ファイバーの種類

    長距離を伝送するためにSMF(シングルモードファイバー)を使用します。 詳細表示

    • No:25176
    • 公開日時:2023/10/02 00:00
    • カテゴリー: PON全般
  • MCMSで他社OLT/ONUを管理できるか

    MCMSはTOMIという独自規格でOLTを管理しているため、他社OLTは管理できません。 ONUは下記の規格に対応していれば管理できます。 10G-EPON:IEEE1904.1(SIEPON Package A), DPOE(OAM) XGS-PON:ITU-T G.988(OMCI) ... 詳細表示

    • No:27705
    • 公開日時:2024/03/27 00:00
    • カテゴリー: TibitMicroPlug
  • ログの保存期間

    MCMSで確認可能なPONコントローラやOLT/ONUのログは3カ月までです。 3カ月を過ぎたログについてもMongoDB上に残りますが、ログデータが指定サイズを超えると古いものから削除されます。 詳細表示

    • No:27702
    • 公開日時:2024/03/27 00:00
    • カテゴリー: MCMS
  • ONUのSNMP対応

    【PONU-1001EG-PR30+】【PONU-1005E-PR30+】 MCMSで一括管理する仕様となっているため、弊社のONUはSNMPに対応しておりません。 詳細表示

    • No:26540
    • 公開日時:2023/12/20 00:00
    • カテゴリー: PONU
  • VLAN毎のCIR,PIRの設定について

    VLAN毎の帯域制御はできませんが、LLID毎にCIR,PIRに相当する帯域制御が可能です。 LLIDはVLANと対応付けることができます。 詳細表示

    • No:25186
    • 公開日時:2023/10/02 00:00
    • カテゴリー: MCMS
  • 設定可能なVLANの範囲

    C-tag 0~4094、S-tag 0~4094 の範囲で設定が可能です。 ※0は、タグなしを意味します。 詳細表示

    • No:25184
    • 公開日時:2023/10/02 00:00
    • カテゴリー: MCMS
  • MCMSがOLT/ONUを管理・監視するための通信規格について

    【OLT】 IEEE1904.2 【ONU】 10G-EPONモードではIEEE1904.1(DPoE2.0) XGS-PONモードではITU-T G.988(OMCI) 詳細表示

    • No:25183
    • 公開日時:2023/10/02 00:00
    • カテゴリー: MCMS

60件中 11 - 20 件を表示